電信売相場とは【FX用語】

FX用語集




電信売相場の意味

英語名 Telegraphic Transfer Buying Rate

FXで使われる用語「電信売相場」とは、銀行が公示する対顧客電信買相場のことです。

銀行がお客様から外貨を買う際の値段(お客様にとっては外貨の売値)を指しています。米ドルの場合、仲値に銀行の手数料として1円を差引いたレートがこちらになります。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です