スワップポイントとは【FX用語】

FX用語集




スワップポイントの意味

英語名 Swap point

FXで使われる用語「スワップポイント」とは、取引をした2通貨の金利差をスワップといい、高金利の通貨を買い、低金利の通貨を売れば差引で金利を受け取り、逆の場合は支払うことになります。スワップポイントとは、その受け取り金利と支払い金利を1日・1万通貨当たりで示したものです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です