スティープ化とは【FX用語】

FX用語集




スティープ化の意味

FXで使われる用語「スティープ化」について解説します。

縦軸に金利の高低、横軸に期間をとったグラフをイールド・カーブ(金利曲線)といいますが、一般的には、期間が長くなるほど金利は高くなります。したがって、イールド・カーブ(金利曲線)は、右上がりのグラフになるのが普通です。このイールド・カーブの傾きがさらに急(右上がり)になることをスティープになる、スティープ化するといいます。

逆に短期金利と長期金利の差が小さくなる(イールド・カーブの傾きが緩やかになる)ことをフラットになるといいます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です