実需筋とは【FX用語】

FX用語集




実需筋の意味

FXで使われる用語「実需筋」とは、資本取引(投資や投機)と輸出入に伴う外国為替取引を行なう機関投資家のことをいいます。

実需筋は為替変動によって収益を得ようという目的で売買を行なっているわけではないため、目先の相場の方向性にあまり影響を与えないで、淡々と取引をすることに特徴があります。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です