国際通貨基金とは【FX用語】

FX用語集




国際通貨基金の意味

英語名 IMF(International Monetary Fund)

FXで使われる用語「国際通貨基金」とは、通貨と為替相場の安定化を目的とした国際連合の専門機関のことです。

1944年のブレトン・ウッズ協定により、国際復興開発銀行と共に1946年3月に29ヶ国で創設されました。IMFの主な業務は、加盟国の出資金を原資として国際収支が悪化した国に融資を行うことです。2008年11月時点の加盟国は185ヶ国で、そのうちの57ヶ国に対し64億ドルの融資を行っております。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です