購買力平価説とは【FX用語】

FX用語集




購買力平価説の意味

英語名 Purchasing-Power-Parity Theory

FXで使われる用語「購買力平価説」とは、為替レートは自国通貨と外国通貨の購買力の比率によって決定されるという為替相場決定理論のひとつのことです(為替レートの決定要因を説明する概念のひとつ)。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です