現受け・現渡しとは【FX用語】

FX用語集




現受け・現渡しの意味

FXで使われる用語「現受け・現渡し」とは、現受けは、FX(外国為替保証金取引)などにおいて、買いポジションをもっている外貨を差金決済するのではなく、外貨でそのまま引き出すことをいいます。

一方、現渡しは、売りポジションを持っている外貨を相手方に渡し、その対価を受け取る取引を現渡しといいます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です