キャリートレードとは【FX用語】

FX用語集




キャリートレードの意味

FXで使われる用語「キャリートレード」とは、低金利の資金を借り入れて、より金利の高い資産で運用する投資手法のことです。

たとえば、「円ローンを組んで、巨額の円資金を借り入れ、その円資金でドルを買い、ドル転した資金で米国国債を購入する」ようなやり方があります。

この場合、円金利はドル金利に比べて安いので、米国国債の金利が高い分だけ、金利差を収益にできることになります。FX(外国為替保証金取引)のドル/円取引において、レバレッジをかけてドルを買い、スワップポイントを得るというのも一種のキャリートレードのようなものですが、為替レートの変動によっては差損が出る可能性もあることに注意が必要です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です