期末・月末要因とは【FX用語】

FX用語集




期末・月末要因の意味

FXで使われる用語「期末・月末要因」とは、決算期末などが近づくとともに、株式などの売り圧力が強まることをいいます。

日本企業の場合、銀行などの金融機関や一般企業では、1年間の決算を締める期末になって想定外の損失が出て困らないように、毎年、1月ごろから3月期末の株価水準を予想しながら、保有株式の評価や株式運用の成績の確定などを行なうところがあります。そのため、利益確定や損失確定のための売りがこの時期に増えてくるとされています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です