外国為替及び外国貿易法(外為法)とは【FX用語】

FX用語集




外国為替及び外国貿易法(外為法)の意味

FXで使われる用語「外国為替及び外国貿易法(外為法)」とは、1949年に施行された対外取引に関する基本法のことです。

1979年改正(80年施行)。1997年改正(98年施行)。98年に施行された新外為法では内外の資本取引が自由になり、あらゆる企業は外為業務を手掛けることができるようになりました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です