外貨建てMMFとは【FX用語】

FX用語集




外貨建てMMFの意味

FXで使われる用語「外貨建てMMF」とは、外貨で運用される公社債投資信託のことです。

格付けの高い公社債や短期金融商品で運用される金融商品です。主な通貨として米ドルのほか、ユーロ、豪ドル、英ポンド、ニュージーランドドルの5種類。ドル建ての購入は10ドルから可能。国内では主な証券会社のほか、一部の都市銀行でも扱っている。金利に相当する部分には一律20%源泉分離課税されるが、為替差益が出ても課税されません。外貨預金では為替差益は雑所得して課税される。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です