インターバンク市場とは【FX用語】

FX用語集




インターバンク市場の意味

FXで使われる用語「インターバンク市場」とは、銀行間外国為替市場のことをいいます。

この市場の取引参加者は金融機関、大手証券会社などです。 参加者は、直接または間接(仲介:ブローキング)に通貨を取引します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です