相対取引(あいたいとりひき)とは【FX用語】

FX用語集




相対取引(あいたいとりひき)の意味

FXで使われる用語「相対取引」についての解説です。

FXでは株式市場のように「特定の場所」での取引は行なわれず、金融機関など当事者同士が、売り手と買い手となり、相対(一対一)で交渉し、値段、数量、決済方法などの売買内容を決定する取引方法のことを、相対取引といいます。

外国為替市場のFXでは取引所を介さずに取引が行われます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です